これから介護士になるには

将来介護士になるには

介護士になるには、介護の専門学校で国家資格の介護福祉士の免許が必要となります。ホームヘルパーよりも、介護士の方が知識も豊富です。医学的な勉強や、在宅介護のための食事の作り方、高齢者の喜ぶ歌や踊りに入浴介助やトイレ介助、リハビリなどの勉強もします。他にも、施設での実習やボランティア活動も積極的に行い、地域の高齢者への関わりや生きがいなどの取り組みも行います。行政や施設の看護とも連携して高齢者の自立を支援する取り組みも介護士の仕事でもあります。

施設に看護が必要となる

施設での食事の介助や、入浴介助、日常生活の介助に関しては介護士が主な仕事となります。しかし、入居者の医療的な行為については、介護士には医療的な行為の権利がなく、勝手に行ってはいけません。例えば、食後のお薬の配布などは看護または施設のドクターのみの行為となります。そのため、介護士になるためには、医学的な勉強もしますが、看護とドクターと連携して介助をしなくてはいけません。少しの体調の変化を報告し、入居者の様子を見るのも介護士になるには必要なことです。

介護士になるには必要なこと

介護士にになるには、人を思いやる事が必要となります。見返りを求めず、少しでも高齢者の方が暮らせるように介助することです。認知症の高齢者の方は徘徊をしたり、暴れたりと介護士が困るようなこともたくさんあります。精神的にも疲れることもありますが、損得感情よりも感謝の気持ちを持ち接することが必要となります。体力的にも辛いこともあるので、自分よりも重たい方を介助するためには自分の体を鍛えることも必要となります。

訪問看護ステーションとは、病気や怪我などで自宅療養中の方の生活やリハビリを支援するサービスです。看護師などの資格所有者が自宅まで訪問してくれるため、患者さんの負担を最小限に抑えることができます。