保育士のタイムスケジュールを見てみよう!

保育士さんの毎日を覗いてみよう

これから保育士を目指そうと考えている方は、保育士さんの毎日はどうなっているか気になりますよね?そこで、平均的な保育士の一日を、タイムスケジュールに沿ってご紹介しましょう。ただし、今回ご紹介するのはあくまで平均的などこにでもいる保育士さんの一日であって、勤務している保育園の事情によっては多少異なることがあることはご理解ください。保育園にも認可保育園から認可外保育園まで、さまざまな施設がありそれぞれで勤務時間や業務内容が異なるからです。

保育士の一日はタイムカードを押すことから始まる

保育士の一日は、朝早く出勤してタイムカードを押すところからスタートします。子供たちの保育時間は、午前8時から8時30分から始まる施設が多いですが、最近ではほとんどの保育園で働くお母さんからの求めに応じて、午前7時30分から子供を預かる早朝保育を実施しています。従って、早番の保育士さんは午前7時に出勤して子供たちを迎え入れる準備をしています。園児がやって来たら、明るく元気な挨拶でお迎えします。忙しい合間を縫って保護者と会話をして、子供たちの様子を聞き出すのも大切なお仕事です。

午前中はスケジュールがいっぱい

その後は、朝の会や外遊び、おやつの準備と一日のうちで最も忙しい時間帯を過ごします。乳児から始まる昼食の時間は、忙しさがピークを迎える時間帯です。昼食時間を無事にクリアすると、お昼寝の時間になるのでやっと一息つけるようになります。ただし、子供たちがお昼寝している間にスタッフ同士でミーティングをしたり、連絡帳を記入したりするするので、遊んでいる暇はありません。しかし、お昼を過ぎるとあっと言う間にお迎えの時間がやって来ます。早番の保育士さんはここでお仕事が終了です。しっかり休んで明日の仕事に備えたいですね。

保育士の求人はハローワークに出されている事があり、人の入れ替わりが多い冬から春にかけてが最も多い求人数となります。